最近は、小学校から英語の授業が始まるそうですが、日本人に必要なのは学校の授業で教えるような文法重視の英語ではなく、会話中心の英語の授業だと思います。

 

日本人の多くが、英文法や単語のつづりを必死に覚えてきましたがいざ、外国人を前にするとしどろもどろで会話にならないことがほとんどです。

 

私は、接客の仕事に携わっていますが、外国のお客様もたくさんいらっしゃいます。
そこでの英会話には学校で習った文法はあまり役にたちません。

 

従来の学校の授業のままでは彼らの会話を聞き取ることすら難しいです。
また、日本人は恥ずかしがってあまり英語を話したがらない人も多いように思います。
小声でぼそぼそ話していたら伝わるものも伝わらなくなってしまいます。

 

以上のことから、これからの英語教育では英会話中心の授業が必要ではないかと考えます。
ひたすらノートに書き込む授業ではなくどんどん会話をさせる授業が大切です。

 

また、英会話を上達させるには外国の文化を良く知ることも重要です。

 

外国の歴史を学ぶことは英会話を上達させる大きな要素になります。
また、若い人にかぎらずたくさんの人が留学経験をつむこともお勧めです。
生きた英会話に触れることで会話力を格段にアップすることができます。