英会話というと、きちんとした発音でしゃべらなきゃ
文法を間違えないようにしなきゃと
コチコチにかまえてしまう人が多いような気がしますが
基本は人間同士の「会話」なのですから、もっと気楽に考えてもいいと思います。

 

もちろん、最低限の単語などは頭に入っていないと
相手が何を伝えようとしているかは理解できないわけですが
身振り手振りというのはすごいもので
言葉が分からなくても、身振り手振りを交えてしまえば
案外相手に気持ちは伝わります。

 

海外に行ったとき、困るのはやはり買い物ではないでしょうか。
欲しいものにサイズがあるのかどうか。
食べたいものを正確に注文できるかどうか。

 

英会話があまり得意でない場合は
ひとつひとつの会話にも緊張して、冷や汗をかいてしまいます。

 

でも、これも度胸と愛嬌で乗り切ってしまう!
欲しいもののサイズがあるかどうかが知りたいときは、極端な話
「ディスイズ!OOインチ?」
でも通じてしまいます。
言葉を覚えたての幼児みたいでちょっと恥ずかしいですが・・・。

 

一番よくないのは、自信がないからといってモジモジしてることだと思います。
これほど、人をイライラさせることはないといっても過言ではありません。
大切なのは「伝えようとしているかどうか」。
たどたどしくても、おかしくても、自分の言いたいことを
相手に伝わるように、一所懸命話そうとすることが
人間同士のコミュニケーションにおいて、一番大切だと思います。

 

相手の話を聞くときにも、理解しようとしているか。
この姿勢が大切だと思います。